素敵に……

Hola! 
10月も終わりますね。あと9回土曜日を数えたら、今年が終わるのかと思うと、桜の時期の出来事が、遠い日々に感じられます。


今日も、雑談めいたことを書いてみようと思います。

自分で、この仕事に就いておきながら、言うのも、
かなり変だと思いますが、「何をしている人なのか、わからない。」と、恐る恐る、何をなさっているのですか?と訊かれる際に、以前は、ヒプノセラピーなどを……と返すと、え? 何それ。または、あー催眠術。または、あやしい〜 などという、リアクションが多かったのですが…… 仕方ありません。催眠だ、潜在意識だ、説明しても、あやしいと相手が、思ったことは、悪いことではなく、人が何をどう思っても、それは自由なのですから。あやしい と言われると、その流れを逆流させることなく、あやしいよね。と、一緒に笑うと、実は興味深々だった。ということが、多々ありました。クライアントさまが、いらした際に、「カウンセリング」と、いえは、カウンセリングなのでしょうが、ぴしーっというイメージに、なってしまうので、雑談のようなムードで、はじめることが多く、その中でも、なぜヒプノセラピーを?と伺うと、様々なお答えが返ってきますが、やはり以前は、なんかあやしいけど、気になるなーと思って……という事もありました。

最近では、 その 「あやしい〜 」と言われることが、なくなってきました。ありがたいことに、音楽や映画、前世では〇〇だったかも ……なんて言う言葉が、カジュアルに、交わされるようになったこともあるのだと思いますが、「あやしい〜 」が、神秘的だったり、ミステリアスだったりと、素敵に感じて頂けるように、なったからなのだと思います。

namaste 🧘‍♂️


中華街のタイル  かわいいChina girl ✨



ヒビノコト書きことばで

ヒビノコト書きことばで カウンセリングサロン胡蝶のゆめ  米国催眠士協会(NGH : National Guild of Hypnotists) 認定ヒプノセラピスト  与西 あゆみ Ayumi Yonishi 横浜市中区 樹々と洋館に囲まれた 山手町にて カウンセリングサロン胡蝶のゆめ を開いています。 カウンセリング・ヒプノセラピー(催眠療法)