暗示療法〜Suggestive therapy 自分に魔法を……

Hola!

雨が降ったり、爽やかに晴れ渡ったりが、日々繰り返されていますが、新しい緑たちは、ぐんぐんと育って、エネルギーを感じる季節となりましたね。
5月5日の、おうし座の新月を境に、自然界や、月のフェーズに伴って、人々も、新しい自分になっていこうという、意識が感じられます。

その証として、最近では、暗示療法〜Suggestive therapy を、受けにいらして下さるクライアントさまが、増えてまいりました。「暗示」というと、それを唱える事により、望む自分を直ぐに手に入れる事が、出来るような、そう、それはまるで魔法のような、心地のよい、イメージを感じる方も多いと思いますが……

そんなに、ふんわりとしたものに、潜在意識は、顔を出してくれないのかもしれません。そこでは、こうなれたらいいな〜 このようにしたいなぁ〜ではなく、こうなるんだ。このように進んで行くんだ。という、強くて、しなやかな心と、揺らぐことのないモノが必要とされます。そしてその自分を、イメージすることで、いつから、その自分に向かう事を始めて、ある期間迄にはこうなっている。と、決めて自分自身で、潜在意識に、刻印していく、そういうセラピーです。
過去の自分を振り返って、そこに向き合って抱えて続けてきた思いを、解放していくセラピーとは、また違った、これまで経験した事がない、未知の領域に向かう時、不安を拭い去る事ができるのは、自分自身の意思の力。催眠下では、そこに向かう自分とともに、地に足がついて揺らぐことのない自分を、イメージする事で、自信が湧き上がり、そして、頑張っている自分に対して、今日も頑張ったね。と、愛情を注いであげる事で、自分に膨らみをもたらせて、心を満たしていく。
それによって、実生活において、昨日とは違う自分になっていくのを、日々感じる事が出来るのです。セラピー中、私はクライアントさまの側で、その姿を共に、感じていますが、何時も感じることは、新しい自分とは、全く何もかもが、別人のような、自分ではなく、自分本来の自分、ずっと心の片隅で、望み続けていた自分に、人は向かっていくのだなと……

暗示療法に向けて、お気持ちを伺う時間では、その意思や、勇気を確認するかのように、何時もより、ほんの少しだけ、きびしい私かもしれませんが、セラピー後の、クライアントさまの、笑顔や、自分で自分を満たした、幸せに満ちた、表情に出会えた瞬間、安堵とともに、絶対に望み続けていた、本来の自分で、新しい世界を広げて、幸せでありますように……と願っています。


魔法ではないけれで、自分自身で、自分に魔法をかけて、これまでの自分自身を、突破していくような時間。
暗示療法 〜Suggestive therapy です。



サロンの近くの洋館、エリスマン邸の緑と、澄み渡った、青い空がきれいでした。



ヒビノコト書きことばで

ヒビノコト書きことばで カウンセリングサロン胡蝶のゆめ  米国催眠士協会(NGH : National Guild of Hypnotists) 認定ヒプノセラピスト  与西 あゆみ Ayumi Yonishi 横浜市中区 樹々と洋館に囲まれた 山手町にて カウンセリングサロン胡蝶のゆめ を開いています。 カウンセリング・ヒプノセラピー(催眠療法)