「見える」だけじゃないヒプノセラピー


曇り空に溶け込み、ぼんやりと浮かんで見える富士山も、いい感じですね。ヒプノセラピーにおける、催眠下で感じるイメージは、このような感じで、ぼんやりと見えてくるのかもしれません。

ヒプノセラピー催眠療法のセッションは、あくまでも「セラピー」なので、私の一方的なリーディングではなく、催眠下で今どんな事を感じているの?などの問いかけなどにより、クライアントさんと、コミュニケーションを図りながら進めていきます。

そのやりとりの中で、よくあるのが、

今どんな感じ?に対して 
「えっと、、、見えません……」という応えです。
大丈夫です全く問題ありません。

なぜならば、これだけ情報過多な世の中ですから、インターネットで検索しては、ヒプノセラピーは映像が「見える」のだと、思われている方が多いのでしょうが、実際のところ、見える人ばかりではありません。古い匂いや、海辺の匂いがするといった具合で匂い。温かい場所冷たい水などの温度、光や色彩、音などなど、十人十色で、その方独自のさまざまな感じ方があり、また、その感じ方を知ることも、自分にとって大切なことや、やるべきこと、進む道のヒントを得られる要素のひとつです。

ちなみに私は、ヒプノセラピーはじめの頃は、
水彩画や油絵のような映像で見えていましたが、
近頃は変化しました。

ことばや文字の羅列が降りてくるような、
映画「マトリックス」で有名な、あのオープニングシーンのような感じ方です。





当サロンのCOVID-19の感染予防対策

○当面の間
営業時間を18時までと短縮 
(オンラインでのセッション、カウンセリングは、18時スタートが最終受け付けとなります。)

○マスクの着用、手洗い、サロンの消毒、換気をいたしますとともに、クライアント様との適切な距離確保など感染予防対策に努めます。

○クライアントには、入室後ハンドソープにて、手洗い、うがい、アルコール消毒をお願いいたします。

何卒、ご理解とご協力のほど、お願い申し上げま
す。



ヒビノコト書きことばで

ヒビノコト書きことばで  カウンセリングサロン胡蝶のゆめ  米国催眠士協会 (NGH : National Guild of Hypnotists) 認定ヒプノセラピスト Ayumi です。 横浜 樹々と洋館に囲まれた山手町にて カウンセリングサロン胡蝶のゆめ を開いています。 カウンセリング・ヒプノセラピー(催眠療法) https://kocho-no-yume.com